シェル活。
シェルティーのいる生活、略してシェル活。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
冬キャンプデビュー☆続き。 2009.12.16 Wednesday
ババーンと開けた芝生サイトで他に誰もいない!
思いっきり遊ばせてもらってきました。



・・・ってあれ?
タオルのひっぱりっこ??



ちょっとー、そんな遊びは家でもできるんですけど・・・。



まあ好きに遊べば良いんだけどね・・・。
もちろん追いかけっこで走り回っている時もいっぱいありましたよ。



そして私とyamaさんは小学生の頃の冬休みを思い出して、ゲイラカイトで遊んできました。
一目を気にせず我を忘れて凧揚げ。
気持ちよかったです(笑)



Kite & カイト(笑)
この絵が撮りたかっただけだったりして(爆)



「誰もいないし、もう少ししたら晴れるかもしれないからゆっくりしてって良いですよ〜。」

オーナー婦人がそう言ってくださったので甘えてお昼過ぎまでのんびり。



2日目の昼食は予定していなかったので、余ったお鍋の具材と焼く予定だった鳥手羽と讃岐うどんで煮込みうどん。熱源は石油ストーブです。



帰る直前に雲の切れ間から光る白い物体が!?




なんと富士山です!
このキャンプ場は富士山がきれいに見えるとは知っていたけれど、まさかこんな大きさで目の前に出てくるとは!!
これ以上は雲が晴れる事はなく、残念ながら最後まで全貌は見えませんでした。
次回は必ず裾から天辺までの富士山の写真が撮りたい〜。

流星は見られなかったけど、初の冬キャンプをゆったり楽しく過ごせました。
年内のキャンプ予定はあと1回。
北軽井沢へコテージキャンプに行く予定です。


Canon EOS 50D EF24-105mm f/4L IS USM
f/5.6 25s ISO100 24mm WB:Auto

こういう写真は初挑戦でした。
もうちょっと雲の陰影とか出したかったです。
yamaさんに教えてもらわないと。



そうそう、装備品をひとつ書き忘れ。
コールマンのチャコールヒーターも大活躍でした。
Kiteの奥、テーブルの下にあるのがそれです。
上にヤカンをのせています。
焼き物で余った炭を入れておけば暖かい〜。





ランキング参加中です♪
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
| ◎御殿場 やまぼうしオートキャンプ場 | comments(2) | - | Maiki & Kite |
冬キャンプデビュー☆ 2009.12.15 Tuesday


↑はじめての冬スタイル

キャンプにはまっている我が家。
通年キャンプしたいと思ってはいたものの、10月の時点で「秋からはコテージキャンプしか考えられないよね〜。寒いから。」と軟弱っぷりを発揮していました。



ところが他の犬連れキャンパーさんや天体観測キャンプをしている方のブログをたくさん見ているうちにだんだん方向性がチェンジ。

「もしかして、装備さえしっかりすれば冬こそテントキャンプって楽しいんじゃない?」

なんて私が言い始めたもんだから、ノリの良いyamaさんはあっというまにいろいろ装備品について調査しはじめちゃいました(笑)



しかもどうせ高めのお金を払うコテージなら高規格(設備が充実している)キャンプ場コテージが良い、という我々の希望を満たすところは良く調べてみたらほとんどが冬期営業はせず11月末でクローズ。
ますます冬のテントキャンプ計画が進んだのです。

冬キャンプ用に追加・変更したり省いた物は下記の通り。

◆テントを小型化
二人と二匹でちょうどいいくらいのサイズで天高が低いスノーピークのテントを購入。空間を小さくすればそれだけ中が暖まりやすいだろうという考えから。

<春夏用テント>
Coleman BCキュービックドームプラス(廃版)
●サイズ:250×250×高さ175cm
●収納サイズ:約φ22.0×73cm
●重量:約9.7kg

<秋冬用テント>
スノーピーク アメニティードーム S
●サイズ:220×120×高さ125
●収納サイズ:55×22×18cm
●重量:約4.9kg

◆スクリーンタープ変更
夏場は風通しがよく涼しさを重視したコールマンの蚊帳タープを使っていた。冬はストーブなどの熱を逃しにくく、それでいて日中は暖をとりつつ開放的に使えるドーム型で前室が広いスノーピークのリビングシェルを購入。ちなみにリビシェルはカテゴリ的には「テント」らしい。

<春夏用スクリーンタープ>
Coleman ラウンドスクリーン400EXプラス
●サイズ:約360×400×225(h)cm
●収納時サイズ:約φ24×79cm
●重量:約18kg

<秋冬用スクリーンタープ>
スノーピーク ランドブリーズ・リビングシェルシールド
●サイズ:455×415×高さ210cm
●収納サイズ:76×23×33cm
●重量:約14.2kg


↑春夏のセッティング

◆暖房器具の準備
電源サイト用に1.8帖サイズのホットカーペーットを購入。
電源無しサイトでも行けるように小さめの石油ストーブを買いました。
自宅の暖房はエアコンとオイルヒーターだけなので石油ストーブはもう10年以上使っていなかったのですが、あの暖かさは良いですね!



◆ホットミール&ドリンク
夜は鍋物と決めていました。カセットコンロだとパワーに不安があったので、ハイパワーLPガスとシングルバーナーの組み合わせに二人用の小さめのマーブルコートすき焼き鍋でちまちまとシャブシャブを食べました。
温度が下がる事もなく、熱々で食べることができました。
継ぎ足すスープをストーブの上の小鍋で作りおき。
焼酎を割ったりコーヒーを入れるお湯を沸かしたり、食事でもストーブ君は大活躍でした。



お酒も体温が維持しやすいと言われている赤ワインを用意。
ホットワインもできるしね。
星見用の夜食(?)にカップ麺も準備。
冷たい飲み物や冷めやすい料理、コールドミールは日中だけに限定しました。



◆スリーピングバッグ
眠る時に凍えるのがいちばんイヤですから、洗える羽毛シュラフを思い切って購入しました。
自宅でも使いたいくらいのクオリティで大満足です。
幅が大きい方を買っても良かったかな?

<春夏用スリーピングバッグ>
coleman ケイマン(廃版品/アウトレット店にて購入)

<秋冬用スリーピングバッグ>
スノーピーク
セパレートオフトン 1200


あとは冬の沖釣り、スキーやスノーボードなどでも使えるくらいのジャケットやパンツ、手袋、帽子、カイロなどなど手持ちのアイテムを駆使した防寒スタイルでいったのですが、意外や意外なんだか東京より暖かい???って思える夜でした。
夕食中、外気温が5℃の時でもリビシェルの中は12℃キープ。
テントの中は下にホットカーペットを敷いたおかげで暑いくらいでした。

グッズの話しでここまで長くなってしまった・・・日中のアクティビティについてはまたのちほど。







ランキング参加中です♪
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
| ◎御殿場 やまぼうしオートキャンプ場 | comments(18) | - | Maiki & Kite |
天体観測しない(?)犬キャンプ@御殿場 2009.12.14 Monday


やまぼうしというキャンプ場にいってきました。
一番の目的はまたまた天体観測・・・ふたご座流星群を見たかったのですがお天気に恵まれず、シトシト雨の中、貸し切りキャンプしてきました。



はじめての12月のキャンプということでとにかく暖を取る方法をたくさん考えて用意して行きました。
今日帰ってきたばかりなので、くわしくはまた後日書きます。



ワンコ達は最高にはしゃいで楽しんでいました。
いまはグッスリ寝ております。







ランキング参加中です♪
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
| ◎御殿場 やまぼうしオートキャンプ場 | comments(2) | - | Maiki & Kite |
| 1/1 |